kimeTE(キメテ)ホワイトニングナイトクリームの実力は?効果と口コミを調査

手の甲のシミ、シワ専用ナイトクリームとして発売されているkimeTE(キメテ)ホワイトニングナイトクリーム。顔のシミ、シワ対策のクリームは数多く販売されていますが、手の甲に特化した商品は私が調べたかぎりキメテだけでした。

手の甲のシミ、シワで悩んでいる人がキメテを使うとシミやシワのない手に生まれ変わることができるのか、どんな使い方をすれば良いのかを紹介していきます。

 

kimeTE(キメテ)を使ってみました

手の甲専用のシミ、シワ対策クリーム??と興味を持った私はさっそくkimeTE(キメテ)を購入してみました。

今回、私が購入したのは公式サイトから。注文してから1週間ほどで商品が家に到着しました。

 

↓↓送られてきた商品はこちら↓↓

 

定期コースと単品購入の2種類のコースで販売しているのですが、今回は単品で購入しました。箱の中には本商品の他に開発秘話や成分情報、購入者の口コミが掲載されている冊子が入っています。

 

 

kimeTE(キメテ)を使用して感じた効果とは

本当は夜に塗るものなんですが、夕方に家に届いたため夜になるまで待ちきれなかったので、さっそくkimeTE(キメテ)を手の甲に塗ってみました。

専用のヘラ?でクリームをすくって右手の甲に乗せます。左手で馴染ませていくと、クリームタイプなのでグングン浸透するというよりは、手の甲がクリームで保護されている感覚です。市販のハンドクリームよりも伸びが良くて塗りやすく、塗ったあともクリームが手の甲に残っている感じがします。

クリームの香りは無香料なのか、香りはまったくしません。なにかの香りはすると思っていたのでちょっとびっくり。

 

↓↓kimeTE(キメテ)を塗った手(左)と塗っていない手(右)↓↓

塗ってからしばらくしても手の甲にクリームが残っている感じがあるので、水回りの仕事終わったあとなど、クリームが落ちてしまう仕事が終わったあとじゃないともったいないなと思いました。(だからナイトクリームとうたっているんだと思います)

定期コースはハンドグローブが特典でついてくるので、キメテを塗ってからハンドグローブをして寝たら、起きるまでの時間にかなり保湿してくれそうです。(定期コースで買えばよかったと少し後悔。。)

 

kimeTE(キメテ)の正しい使い方を紹介

キメテが家に届いてから待ちきれなくて塗ってみたあとに、手の甲に塗る前に使い方をちゃんと見なかったことに気がついたわたしは、箱に入っていた冊子でキメテの正しい使い方を調べてみました。

冊子にはQ&A形式でキメテの使い方とハンドマッサージの方法が掲載されていました。


どのくらいの量を塗ると良いですか?

 

片方の手に小豆大(7ミリ〜10ミリ)が目安となります。手の甲から手のひら、指の間まで馴染ませてください。シミなど気になる箇所にはよく塗り込むことをおすすめします。塗った後は手のひらに向かって軽く指圧しながらハンドマッサージを行うと、血行やリンパの流れも改善され新陳代謝を上げることができるのでさらに効果的です。


いつ使うといいですか?

 

洗い物や洗顔などの水作業をすべて終えた就寝前にご使用されることをおすすめします。


1日に何回塗ればいいですか?

 

スペシャルケアとして就寝前の1回で問題ございませんが。お悩みが深いご愛用者様は、日中の家事が一息ついたタイミングでも使われているようです。


他のハンドクリームも使用していいですか?

 

問題ございません。「ホワイトニングナイトクリーム」を、就寝前のスペシャルケアとしてご使用いただき、日中は他のハンドクリームをお使いいただくことを推奨しています。ただし、他のハンドクリームを塗った上からのご使用はお控えください。


ハンドマッサージ方法

商品と一緒に入っていた冊子に掲載されていますが、じっくり読まないと見逃してしまうくらい小さく掲載されていて、写真を撮って載せてもちょっと見にくかったので、文字でも書きます。

  • 手順1
    クリームを伸ばす
     両手のひらと手の甲、指の間までクリームを伸ばします。このときに擦り込むように全体に伸ばしましょう。
  • 手順2
    指の付け根からマッサージ
    人差し指と親指で、指の付け根から指先に向かって、指を1本ずつ軽く引っ張るようにマッサージします。
  • 手順3
    手の甲をマッサージ
    親指で指の根元から手首に向かい円を描くように押し込みながらマッサージします。さらに指と指の間を5秒間押しましょう。
  • 手順4
    手のひらマッサージ
    手のひらのマッサージは親指の第一関節を曲げてグッと押し込むように行いましょう。
  •  

KimeTE(キメテ)を使ってみた感想まとめ

30歳で少しずつ手の甲にシミができ始めたわたしがkimeTE(キメテ)を使ってみた感想をまとめてみました!

 

保湿力がとにかくすごい

手の甲に塗ったキメテが皮膚に浸透して馴染むわけではなく、手の甲に膜を張って保湿してくれてる感じで、1回の使用でも翌朝の自分の手がしっとりしました!

 

普段使っているロクシタンのハンドクリームよりも伸びにくい

日ごろ使っているハンドクリームがロクシタンのものなんですが、ロクシタンのハンドクリームとキメテを比べるとクリームがあまり伸びない感じがしました。ただ、伸びないから塗りにくいというわけではなく、しっかりしたクリームなので手の甲に残る感覚があります。

 

日中の一息ついたときに使用する場合は、普段の半分の量で使用するのがオススメ

保湿力がすごくて手の甲にクリームが残るため、日中に夜と同じ量を使用しすると、家事などができなくなります。なので、日中に使う場合は夜の半分(3〜5mm)くらいで薄く手の甲に馴染ませて使うのがちょうどいいです。

 

ハンドクリームがない人は、100均で売ってる防水の手袋でもOK

わたしのようにキメテを単品コースで購入した人は特典のハンドグローブがついてきません。定期コースではなくて単品コースで購入したい人は、代替品として100円ショップでビニールの手袋を使うのがオススメです。

多少はビニールのニオイが気になりますが、空気に触れずにクリームが乾燥しにくくなり保湿しやすくなるためオススメです。

kimeTE(キメテ)に入っている成分

kimeTE(キメテ)にはどんな成分が入っているのでしょうか?シミやシワに効果のある成分が配合されているのか確かめてみました。

トラネキサム酸

トラネキサム酸は、アミノ酸の一種で、美白への効果が高いと注目される成分、シミの原因であるメラニンの活性化を抑制することで、美白に有効とされています。また、炎症を和らげる効果もあり、肌荒れを落ち着かせてくれるので、手荒れやひび割れ、あかぎれ等にも効果を発揮します。

 

アルピニアカルマダイ種子エキス

ショウガ科のアルピニアカツマダイの種子から抽出した植物天然エキスです。この種子エキスに含まれる「カルマダモニン」という成分が、メラニンの活性化にブレーキをかける命令を出すことが近年わかりました。シミを食い止めることで、手肌を透き通るような美白に導きます。

 

党人抽出物加水分解液

党参というハーブから抽出された植物エキスのことです。メラニンの分泌やくすみにアプローチする働きを持ちます。また、肌を健やかに保つ役割もあり、老化が気になる手肌を整えてくれる成分です。

 

kimeTE(キメテ)の口コミ

kimeTE(キメテ)を購入した人がどんな効果を感じたのか知りたくて口コミを探してみました。

アットコスメ、楽天、amazonと検索してみましたがどこにも購入者の口コミはなく、googleやYahoo!で調べて出てくる記事に書かれている口コミは、商品を購入した形跡もなければ商品の写真もアップされていない信ぴょう性に欠ける記事内の口コミばかりでした。

ただ、商品と一緒に送られてきた冊子には、実際の購入者の口コミが掲載されていましたので紹介します。

 

後藤 雅美さん 54歳

仕事で4トントラックを運転しているため、右手だけが日に焼けて、左右で色は違うし、右手にはたくさんのシミはできて悩んでいました。「仕事が仕事だし、もう歳だからしょうがない」と心のなかで言い訳しながらも、化粧水やホワイトニングクリームなどでケアしてみたのですが・・・あまり効果を感じられず、だんだんと面倒になってきてしまい長続きしませんでした。そんなときに先輩の女性ドライバーさんから教えてもらったのが「キメテ」でした。

使ってからは、シミが減り、左右の手肌の色がおなじになってきました。夜一回塗るだけなので、無精な私でもきちんと続けれられています。シミに効果があったので、今は目元や頬の気になるところにも使っています。これからも使い続けたいです。

 

佐生 ゆかりさん 49歳

毎年手荒れが酷く、季節になるとパックリ割れの繰り返し。手荒れに良いと言われるハンドクリームを色々と試してみたのですが、最近、シミや間接周りの小ジワまで気になり出して、スキンケアとエイジングケアが両方できる「キメテ」を購入してみました。

「キメテ」は、しっかりと保湿しながら浸透しているのが感じられ、翌朝はふっくらしています。使うごとにキメが整い、悩んでいた手荒れやシミの悩みが解決しました!手を見られるのが恥ずかしくてやめてしまった茶道を、また始めたんですよ。

お値段は高めですが、それだけの価値がある商品だと感じました。一緒に教室に通っているお友達にもすすめてみたら、さっそく毎日使っているそうで、アザのようなシミが薄くなったと喜んでいました。

 

藤崎 美由紀さん 57歳

美容室を営んでいるということもあり、身だしなみには気を配っているのですが、顔のシミはコンシーラーやファンデまで隠せても、手に現れる年齢を隠すことができずに困っていました。染料等を使うので、手荒れがひどく、シミやシワも増えてきて、とても気になっていたんです。手の年齢がわかってしまいそうで、手元を見られるのが本当に嫌でした。

「キメテ」は、「さすが手のことを研究し尽して作られた美白ハンドクリーム」というのが率直な感想です。使っていくうちにカサカサだった手にうるおいが出てきて、シミも薄くなってきました。先日、ネイリストのお客様から「手がキレイ」と言われて本当に嬉しかったです。女性をキレイにする仕事だから、私自身キレイでいたいですもん、ずっと使い続けます!

 

杉岡 宏美さん 64歳

私たち家族は北海道で野菜農家をしています。できるだけ日焼け止めを塗ったり、長袖のシャツを着るなどして、紫外線予防はしているのですが、手だけは手袋をしたままではできない作業もあり、どうしても日焼けしてしまいます。そんな生活ですから、当然手にはシミが増え、血管も目立ってきて、毎晩手を見ては落ち込んでいました。そんなときに、孫に「おばあちゃんの手、梅干しみたい」と言われたのがショックで、「キメテ」を購入したんです。

使い始めは、間接まわりのシワに効果を感じていたのですが、使っていくうちにシミが減って、肌の色が明るくなってきていることにも気が付きました。

今では、就寝前にマッサージしながら、今日一日を振り返るのが私の癒やしの時間になっています。

 

kimeTE(キメテ)が最安値で購入できるところ

 

kimeTE(キメテ)を購入するなら、最安値で購入したいですよね。ちなみに、わたしは公式サイトから単品コースで購入したところ、送料と消費税込みで6,806円でした。

 

 

そこで、定期コースでの購入も含めて、どこのショップからどのコースで購入するのが最安値なのかを調べてみました。

 

結果:公式サイトの定期コースが最安値でした

公式サイト、楽天市場、amazon(アマゾン)で調べてみたところ、販売していたのは公式サイトのみでした。

公式サイト 楽天市場 Amazon
商品価格 1,480円(税別) 販売なし 販売なし
送料 無料 販売なし 販売なし
返金保証 30日間 販売なし 販売なし

 

公式サイトでは定期コースと単品購入の2種類の購入方法があります。

定期コース

・初回1,480円(税別)
・送料無料
・30日間返金保証付き
・特典でナイトグローブ付き
・継続の約束あり(3回)

定期コースでの購入は継続の約束がありますが、特典がたくさんついてきます。

また、30日間の返金保証がついているので、商品が肌に合わなかったりした場合は3回の約束前でも解約することができます。

試しに使ってみたい人も、肌に合わなかったときに30日以内に電話での解約が面倒じゃない人は定期コースで購入することをオススメします。

単品購入

・5,700円(税別)
・送料あり

単品購入は、定期コースにくらべるとメリットは特になく、あえていうとすれば自動で継続されないということくらいでしょうか。わたしは試しに購入する目的だったので単品で購入しましたが、kimeTE(キメテ)で若い頃のきれいな手の甲を目指したい方は定期コースの方がオススメです。

 

kimeTE(キメテ)のQ&A


敏感肌の人が使っても大丈夫ですか?

 

肌に不必要な香料や着色料などを配合せず、手肌に優しい処方となっております。製造時点でパッチテストも行っており、デリケートなお肌の方にもお喜び頂いております。ただし、全ての方の肌にトラブルが起こらないというわけではございませんので不安な方は、まずはパッチテストを行い、お肌の様子を見ていただくことをおすすめします。


どれくらいで効果を実感できますか?

 

実感までの期間には個人差があるようです。モニターさんの中には、2週間で効果を実感された方もいらっしゃいましたが、平均すると3ヶ月くらいのようです。


手以外の箇所にも使用していいですか?

 

問題ございません。手が最も実感しやすい処方になっておりますが、顔やデコルテ、腕などの気になる箇所に使用し、満足していただいているご愛用者様もいらっしゃいます。


使ってからシミが増えた気がします

 

1つだったシミが2つになったということはないでしょうか。シミが増えたと感じる場合の多くは、1つの大きなシミがだんだん薄くなり2つに分かれたということが考えれられます。シミの数よりも、シミの範囲が狭くなっていれば効果が出ていると考えられます。


どのように保管すればいいですか?

 

極端に高温または低温の場所、直射日光の当たる場所を避けて保管してください。


まとめ

kimeTE(キメテ)は手の甲のシミやシワで悩んでいる人にとってオススメできるハンドクリームでした!

20代のころのような、きめ細やかできれいな手の甲を取り戻したい方は、ぜひ試してみて欲しい商品です!

 

kimeTE(キメテ)を購入したい人はこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です